東京で憧れのマイホーム!ローコストで素敵なデザイン住宅ガイド

高品質なローコスト住宅を東京に建てたい人必見の情報をまとめました。

ローコスト住宅はなぜ安いの?

格安が人気のローコスト住宅。このページでは、安い家が建つ本当の理由を調査しています。

本当に安い?格安の家が建つ理由

都内でも1000万円台でマイホームを新築することが可能な、ローコスト住宅。
その安さの秘訣は、以下にあります。

  • 図面や間取りをシンプルに均一化することで、コストを削減する
  • ハウスメーカーが建材の生産までを行うことで、コストを削減する
  • 受託から建築までをワンストップで行うことで、コストを削減する
  • 人件費や広告費を極力抑えることで、コストを削減する

以下にそのひとつひとつについて、詳細を見ていきましょう。

図面や間取りをシンプルに均一化

家内部ローコスト住宅の一般的な形状は、四角形や長方形など、非常にシンプル。しかもイチから図面を引くのではなく、他のローコスト住宅と同様の図面や間取りを採用しているので、設計料などを最低限に抑えることができます。

また、職人たちにとっては「以前に手がけたことがあるパターン」となるため、現場でも手慣れたスピーディな作業が実現していきます。

さらにローコスト住宅は、形状的に狭小地への建設に適しており、坪数を抑えることも可能。実際に生活を始めてからも、税金や光熱費を抑えられるなどの経済的メリットを生み出してくれますよ。

ハウスメーカーが建材の生産までを行う

こちらは大手ハウスメーカーによく見られる企業努力なのですが、家の建築だけでなく建材の生産までを自社で行うことで、中間マージンの発生を抑止。低価格に反映させていきます。

また、ローコスト住宅は図面や間取りが均一化されているので、あらかじめ工場でプレカットした建材を活用し、工数の短縮につなげるという試みも実施されています。

工務店が受託から建築までをワンストップで行う

こちらは中小の工務店によくみられる企業努力です。契約などの事務作業から実際の施工までを一社で担当することで、中間マージンの発生を抑止。低価格に反映していくのです。

営業と職人間の意思疎通がスムーズなので、依頼者にとっても利用しやすいというメリットがありますね。

人件費や広告費を抑える

営業イメージローコスト住宅の広告宣伝には、必要以上の費用がかけられていない場合が多いようです。チラシの印刷程度に抑える、自社のインターネット・ソーシャル媒体を活用して情報を発信する、展示場を持たないなどの方法を採用することで広告費を削減。その分を価格に反映しているのです。

また、プレカット建材などを活用することで、現場の職人の人数や工数を短縮。人件費を抑えるという試みも実施されています。

注意点

上記のように、ローコスト住宅は全工程に渡り、余分なコスト発生を省こうとしていく商品です。通常の注文住宅のように「打ち合わせにじっくり時間をかけられる」「施主のこだわりをすみずみまで反映できる」といったサービスを期待しても、そのすべてが実現できるわけではないと、あらかじめ了承しておく必要があります。

また契約する業者によって、耐久性やアフターサービスの保証内容には差がありますので、事前に下調べを十分行ったうえで契約に臨む慎重さも必要です。