東京で憧れのマイホーム!ローコストで素敵なデザイン住宅ガイド

高品質なローコスト住宅を東京に建てたい人必見の情報をまとめました。

坪単価に注目してローコスト住宅を賢く建てよう

坪単価に注目する

ローコスト住宅を建てる際には、坪単価にも注目しましょう。

家を建てる前には、坪単価を知っておくことも重要となります。

坪単価とは、3.3㎡の面積を1坪と考え、住宅の床の面積を計算します。

坪単価の計算方法 

坪単価=住宅本体価格÷延床面積

例:住宅が延床面積50坪の3000万円なら、坪単価は60万円という計算になります。

坪単価は、様々な条件によって変わるので注意が必要です。

では、どのような条件で変わっていくのでしょうか。

坪単価は様々な条件で変わる

ローコスト住宅を建てる際に、坪単価を見ることは重要なポイント。坪単価は住宅メーカーによって計算基準が違います。計算基準が違うと、予想以上に費用がかかったということにもなりかねません。このような事態にならないために、しっかり確認することが大事です。

  • 計算基準の方法を確認

計算基準の方法とは?と疑問を持つ方もいると思います。先ほど紹介した計算方法は、坪単価=住宅本体価格÷延床面積で計算していますね。これは、延床面積で計算した方法です。延床面積にはクローゼット・押入れ・玄関・ウッドデッキ・テラスなど含まれない個所があります。

しかし、住宅会社によっては、施行床面積で計算されているところもあります。施行床面積は、クローゼット・玄関など上記で書いた個所の面積も含まれているため、坪単価も違ってきます。

  • 床面積の広さ

床面積は小さいほど坪単価が上がります。

広ければ広いほど住宅の価格は高くなりますが、価格を抑えようと小さく建設しても仮設費・設備費用・人件費・建築資材運搬費などは変動することはありません。小さく住宅を建てようとすると、坪単価を高くしてしまうことがあります。

  • 家の造りによって変わる

家の造りによって坪単価は変わってきます。平たい住宅とデザインの凝った住宅では、工事費も変わってくるので坪単価も高くなります。また、設備をグレードアップすることでも、坪単価に影響します。

  • 地域によって変わる

地域や場所によって坪単価も変わっていきます。交通の便や公共施設が整っている利便性の良い場所は、当然ながら坪単価も高くなっていきます。

このように、坪単価の価格は住宅の条件によって変わります。上記の点を抑えながら、ローコスト住宅を建てていきましょう。

坪単価を抑えてローコスト住宅を手に入れる

坪単価は住宅会社によっても変わります。ローコスト住宅を建てるときは、住宅会社選びも重要なポイントです。

ローコスト住宅を建てるときには、どこの住宅会社にするか慎重に選ぶ必要があります。しかし、たくさんの住宅会社から選ぶことは難しいです。

そんなときは、複数の住宅会社に希望の予算・住宅の希望を伝え見積もりを出してもらい比較する方法がおすすめです。図面があると詳しく予算を立てることができます。

同じ予算と希望を出して見積もりを出すことで、住宅価格の比較をすることができるので、坪単価を抑え賢くローコスト住宅を依頼できる業者を選ぶことができます。