東京で憧れのマイホーム!ローコストで素敵なデザイン住宅ガイド

高品質なローコスト住宅を東京に建てたい人必見の情報をまとめました。

工務店

このページでは、工務店でローコスト住宅を実現できるかどうかを調べています。

工務店の特徴|ローコスト住宅を実現するために

マイホームの新築にあたり、依頼先にはいくつかの選択肢があります。そのひとつが、工務店。ハウスメーカーや設計事務所とは、どこが違うのでしょうか。

【工務店の特徴】

メリット設計~施工までを請け負えるため、対応が柔軟。
施主の希望やこだわりを家づくりに反映しやすい。

メリット地域密着型の営業形態が多いため、気候風土や周辺の道路状況を熟知している。
また入居後のメンテナンス相談もしやすい。

メリット地元の銀行と良好な関係を築いている場合が多く、ローンが組みやすい。

メリット広告宣伝費が価格に上乗せされる心配が少ない

デメリット工法の得手不得手がはっきりしているケースが多く、
施主の希望を技術的に実現できない場合も。

デメリット経営規模が小さい場合、将来的に倒産や廃業の心配がある

デメリット施工のプロであるがゆえ、第三者チェックを導入しない傾向がある

工務店には上記のようなメリット・デメリットが挙げられます。とは言え、近年は工務店にもさまざまな業務形態があることを知っておきたいもの。

工事中本来は「設計から施工までを一手に引き受ける」のが工務店でしたが、施工専門の会社や、設計事務所と提携している会社、さらに規格住宅をシリーズ化している「ハウスメーカー顔負けの会社」まで存在するのが、現状です。

このため、依頼先を決定する際には、会社特徴や実績などをさまざまな角度からチェックし、工務店ならではのメリットを最大限感じられるところを、選ぶようにしてください。

こんな人におすすめ

近年、工務店もハウスメーカーに負けじとローコスト住宅を販売しています。建材の一括仕入れなどでコスト削減を図り、ハウスメーカーに勝るとも劣らない低価格を実現させているのです。

また仕上がりの均一化がハウスメーカーほど露骨ではないため、施主の希望やこだわりも少なからず反映できます。お金をかけたい部分と、そうでない部分のグラデーションも、比較的つけやすいと言えるでしょう(価格を鑑みれば、妥協が必要な部分も出てきますが…)。

「ローコストでも、なるべく自分らしい家を!」と考える人には、工務店がおすすめです。