東京で憧れのマイホーム!ローコストで素敵なデザイン住宅ガイド

高品質なローコスト住宅を東京に建てたい人必見の情報をまとめました。

ハウスメーカー

このページでは、ハウスメーカーでローコスト住宅を実現できるかどうかを調べています。

ハウスメーカーの特徴|ローコスト住宅を実現するために

マイホームの新築にあたり、依頼先にはいくつかの選択肢があります。そのひとつが、ハウスメーカー。工務店や設計事務所とは、どこが違うのでしょうか。

【ハウスメーカーの特徴】

メリット営業から設計、施工までをワンストップで取り仕切る

メリット大手は家づくりに必要な「建材の生産」も行うので、コストを削減しやすい

メリット保証制度やアフターサービスが充実している

デメリット規格住宅販売のシステムが確立されているため、デザインの自由度が低い

デメリット実際の施工は、提携工務店に依頼している

デメリット宣伝広告費や人件費が価格に反映されやすい

メーカーイメージハウスメーカーには上記のようなメリット・デメリットが挙げられます。とはいえ、ハウスメーカーにも大中小の規模差があることを知っておきたいもの。

大手の場合は広告に費用をかけ、社名やブランド名を喧伝している分、費用は若干高めに。その代わりと言っては何ですが、欠陥住宅の発生防止には細心の注意を払っているため、入居後に驚くような不具合が生じる可能性は低くなっています。

またもし欠陥があったとしても、手厚い保障が受けられるでしょう。

二十年、三十年と住み続けるマイホームですから、簡単に倒産しない大手の存在は、一種の保険としても機能してくれるはず。

対して中小のハウスメーカーは、大手に比べ信用はやや落ちるものの、細やかで融通の利くサービスが魅力です。

こんな人におすすめ

近年、ハウスメーカーは「ローコスト住宅」という商品ジャンルを開拓しています。

こちらの商品に関しては、建材や工数面からコスト削減を図り、広告宣伝にも費用を多く割かないため「価格面における、ハウスメーカーならではのデメリット」を、さほど感じずに済むかもしれません。また、例えローコスト住宅でも、保証やアフターサービス制度はきちんと整えている会社が多いようです。

その反面、デザインや設備に関しては、最新流行や機器を均一に取り入れていくため、結果的に「どの家も同じように見える」という仕上がりになるでしょう。

オリジナリティより、価格や保証を重視する人には、ハウスメーカーがおすすめです。