東京で憧れのマイホーム!ローコストで素敵なデザイン住宅ガイド

高品質なローコスト住宅を東京に建てたい人必見の情報をまとめました。

設計事務所

このページでは、設計事務所でローコスト住宅を実現できるかどうかを調べています。

設計事務所の特徴|ローコスト住宅を実現するために

マイホームの新築にあたり、依頼先にはいくつかの選択肢があります。そのひとつが、設計事務所。ハウスメーカーや工務店とは、どこが違うのでしょうか。

【設計事務所の特徴】

メリット設計の専門家とじっくり相談を重ねながら「こだわりを反映した理想のマイホーム」
の実現を目指せる

メリットデザイン性の高い、おしゃれなマイホームが実現可能

メリット施工は工務店が行うが、現場は設計者が厳しく管理する

デメリット設計管理料が嵩み、コストを圧迫する

デメリットデザインが先行するあまり、施工とのバランスが取れず、
入居後に不具合が生じる可能性も

デメリット家づくりの通例システムに則りにくいため、住宅ローン組みが難航しやすい

こんな人におすすめ

設計事務所には上記のようなメリット・デメリットが挙げられます。

デザイナー「ある程度価格は嵩んでも、自分らしい家を!」と考える人には、おすすめ。しかしローコスト住宅の依頼先として、最適とはいえません。

まずハウスメーカーや工務店では低く抑えられるはずの「設計管理料」が、多く発生します。さらに施主がオリジナリティにこだわるほど設計や建材、工数の費用がかさんでいきます。

とはいえ、逆の考え方もあります。「ローコストでなるべく快適な家」という前提をあらかじめ提出すれば、設計師にも腕の奮いようはあるはず。実際、ローコスト住宅の設計に積極的な事務所も少なからず現れてきています。

つまり「ローコスト住宅の設計を請け負うか否か」は、事務所の方針によりけりなのです。

設計士の個性はさまざまですが、その多くは自身のデザイン力に誇りを持ち、事務所の看板を掲げています。施主の希望をより良いかたちで実現するため「価格面で妥協はしない頑固さ」を持ち合わせている人物も多いのです。純粋にモノづくりと対峙している専門家ですから、極資本主義的なシステムを押し付けようとすると、思わぬ衝突を招きかねません。

「ローコスト住宅をどうしても設計事務所で」と考える場合は、まず事務所の方針をよく調べることが必要です。また「どうしてもここに依頼して、できるだけ安く仕上げたい」という希望がある場合は、設計士との人間関係を良好に築くための心配りが、不可欠となってきそうです。