東京で憧れのマイホーム!ローコストで素敵なデザイン住宅ガイド

高品質なローコスト住宅を東京に建てたい人必見の情報をまとめました。

木造住宅

このページでは、東京でローコストな木造住宅を建てる意義について調査しています。

東京にローコストな木造住宅を!

家イラスト東京にマイホームを新築しようとすると、どうしてもコスト面の問題が出てきます。予算を鑑みると、使用する建材に大幅な制限がある規格住宅になってしまう…。結果、強くナチュラルな木造のマイホームをあきらめそうになっていませんか?

ちょっと待ってください。ローコストでも、木造住宅を新築することはできます。まず木造住宅の定義を見てみましょう。

【木造住宅の定義】

  • 柱や梁などの主要な構造部分が、木材で構成されている住宅を指す
    古くから日本の住宅のスタンダードとして存在しており、
    その軽量さから地震の影響も受けにくくなっている

都内にはローコスト住宅プランを提案する住宅会社が数多くありますが、独自の仕入れルートでコストを極力削減し、良質な木造住宅を実現しているところもあります。簡単に妥協せず、より良い会社をじっくり探してみましょう。

木造の狭小住宅を建てよう!

狭小住宅で費用を抑える~ローコストにぴったり~

木造住宅はローコストで、新築することができます。さらに費用を抑えたいという方は狭小住宅を考えてみることも、おすすめです。狭小住宅とは、狭くて小さい土地に建てられた小さな住宅です。小さくても工夫次第で快適な家作りをすることができます。公共機関の良い環境や、都心の近くになる立地の良い場所は、土地が広いと値段が高くなります。しかし、狭小住宅にすると条件の良い環境でも、値段を抑えることができ、安くマイホームを手に入れることが可能です。

デザインやリフォームの自由度が高い~木造住宅ならではのメリットも~

木造の狭小住宅は、ローコストで建てること以外にもメリットがたくさんあります。狭小住宅は、狭いからこそ間取りを十分に工夫する必要がありますが、無駄に広くない分家事動線も短くすることができ、効率よく家事を行なうことができます。また、狭い空間だからこそ、こだわりのあるデザインに仕上げることができるのです。また木造を使用してうることで、温もりのある空間に仕上げることができます。

木造住宅でも長く住める~定期的なメンテナンスが大切~

実際木造住宅はどれぐらい長く住めるのでしょうか?木造住宅の寿命は一般的に30年ほどといわれています。鉄コン筋クリートに比べると、寿命は短いですが、木造住宅でもしっかりメンテナンスを行なっていくことで80年と長く住むことも可能になります。どの住宅でも、長く住宅を保つためにはメンテナンスが重要です。ここで、木造住宅のメンテナンスについてみていきましょう。

●掃除をこまめに行なう

木造住宅を長持ちさせるには、掃除をこまめに行なっていくことが大切です。特に水回りは、しっかり掃除をするようにしましょう。水回りは、住宅のトラブルになりやすく腐食の原因にもつながります。カビが発生しないように水分をこまめにふくことも大切です。掃除をしながら、家の周りに異常がないか、日頃から確認しておきましょう。

●メンテナンス

建築から10年経ってきた頃には、プロの業者の方へメンテナンスをお願いするようにしましょう。外壁の塗装の塗り替えや、フローリングなどの床、玄関の扉、水回り、屋根などの異常がないか、点検や確認していくことで住宅の劣化を防ぎ、住宅を状態良く保つことができます。ベランダの防水もしっかり行ない、住宅の劣化を未然に防ぐようにします。また、木造住宅では、害虫対策も行なうことが大切です。5年ごとに確認を行ない、防虫対策をするようにしましょう。

東京のローコストな木造住宅事例

木造住宅事例1
引用元:タマホーム株式会社公式サイト
(http://www.tamahome.jp/
tamahome/voice/no023.html)
木造住宅事例2
引用元:株式会社コグマホーム公式サイト
(http://www.kogumahome.com/cases/
tennenmokunohizashitappurihukinukenoaruouchi/)
木造住宅事例3
引用元:株式会社コグマホーム公式サイト
(http://www.kogumahome.com/
cases/hokuoulaifnoie2012/)
木造住宅でも、外観はモダンに仕上がるもの。ベランダ部分のアクセントにも木材が活用されています。 無垢のパイン材がそこかしこに使われた、木造ローコスト住宅の内部。暖かみがありますね。 こちらの一邸には、フロアにも贅沢に木材が配されています。もちろん、1000万円台のローコスト住宅内部ですよ!

木造住宅を建てた人の感想

無垢材の床には温もりがある気がします。年中裸足で歩きたくなるほどです。

子供の健康のために、内装材にも無垢材を使用している会社を選びました。どの部屋にも木の香りがほのかに漂っています。

建材だけでなく、内装にも木材を取り入れたおかげで、とても落ち着けるマイホームに仕上がりました。

木造住宅のメリット

木造住宅には、数多くのメリットがあります。以下に見てみましょう。

  • 断熱性や調湿性に優れており、夏涼しく、冬暖かい家づくりにひと役買ってくれる
  • 余分な化学物質による健康被害の心配が軽減できる
  • 質感や香りに高いリラックス効果がある

いかがですか?ローコストだからとあきらめず、ぜひ素敵な木造住宅を実現してください。そのためには「木造住宅の専門性が高い」「木の耐震・耐久力を高める工法を確立している」などの個性を持つ、有能なローコスト住宅会社を選ぶようにしてくださいね!