東京で憧れのマイホーム!ローコストで素敵なデザイン住宅ガイド

高品質なローコスト住宅を東京に建てたい人必見の情報をまとめました。

狭小住宅

このページでは、東京でローコスト狭小住宅を建てる意義について調査しています。

東京でローコストな狭小住宅を!

ホーム大人気の東京にマイホームを新築しようとすると、どうしてもコスト面の問題が出てきます。予算を鑑みながら土地を選ぶと、狭小地になってしまう……。
結果「やはり一戸建ては無理か」と、あきらめてしまっていませんか?

ちょっと待ってください。狭小地でも、立派に快適なマイホームを新築することはできます。まず、狭小住宅の定義を見てみましょう。

【狭小住宅の定義】

  • 約15坪(50m2)以下の土地に建てられた狭く小さな家のこと
  • 敷地を最大限に活用するため、垂直方向に展開する(3階建てなど)ことが多い
  • 廊下や踊り場などのスペースや、間仕切りを最大限排除し、
    開放感を重視する間取りが採用されている

建築のプロに依頼すれば、狭小地でも十分に家づくりは可能なのです。むしろデザイン性が高く、インティメイトな雰囲気の素敵な一邸に仕上がることが多いんですよ。以下にその好例を紹介しましょう。

東京のおしゃれな狭小住宅事例

狭小住宅事例1
引用元:株式会社三栄建築設計公式サイト
(http://san-a.com/products/
3rdfloor/formal/index.html)
狭小住宅事例2
引用元:株式会社匠恵塾公式サイト
(http://e-good-style.com/
work/work43.html)
 狭小住宅事例3
引用元:株式会社匠恵塾公式サイト
(http://e-good-style.com/
work/work15.html)
狭小地でもスタイリッシュな外観が実現。壁面には窓も多く、採光に十分配慮していることがわかります。 狭小住宅では、階段を部屋の一部としてデザインする心意気が必須。吹き抜けも取り入れ、開放感を演出します。 壁面にたっぷりの収納を設けたリビング。琉球畳のフロアが、モダンな雰囲気を加味しています。

狭小地にマイホームを建てた人の感想

建築士と話し合いを重ねたことで、狭小地でも満足の家ができました。17坪と明かすと、訪れる友人はみな驚きます。そのぐらい開放感があるんです。狭小住宅を得意としているメーカーさんだったからこその仕上がりだと思います。

奥まった狭小地ですが、3階建てで採光にも十分配慮していただき、夕方まで電気いらずの快適なマイホームができました。ウォークインクローゼットや対面式キッチンなど、憧れの設備もしっかり搭載。注文住宅をあきらめなくて良かったです。

すぐ近所に30~40坪の家が建ち始めましたが、坪価格が同じくらいでした。ウチはその分、内外のデザインにお金をかけられたのだと思います。はっきり言って、ウチのほうが全然カッコいいです(笑)。

狭小住宅のメリット

さらに狭小住宅には、以下のメリットがあります。

  • 坪数が少ない分、間取りや設備のためにお金がかけられる
  • 申請や登記費用、さらに入居後の税金を安く抑えられる

いかがですか?土地がないからとあきらめず、ぜひ素敵なマイホームを実現してください。

なお、より良いマイホームづくりを実現するには、ローコスト狭小住宅に高い専門性と実績を持つ住宅会社を選ぶことが大切ですよ!