東京で憧れのマイホーム!ローコストで素敵なデザイン住宅ガイド

高品質なローコスト住宅を東京に建てたい人必見の情報をまとめました。

狭小住宅

このページでは、東京でローコスト狭小住宅を建てる意義について調査しています。

東京でローコストな狭小住宅を!

ホーム大人気の東京にマイホームを新築しようとすると、どうしてもコスト面の問題が出てきます。予算を鑑みながら土地を選ぶと、狭小地になってしまう……。
結果「やはり一戸建ては無理か」と、あきらめてしまっていませんか?

ちょっと待ってください。狭小地でも、立派に快適なマイホームを新築することはできます。まず、狭小住宅の定義を見てみましょう。

【狭小住宅の定義】

  • 約15坪(50m2)以下の土地に建てられた狭く小さな家のこと
  • 敷地を最大限に活用するため、垂直方向に展開する(3階建てなど)ことが多い
  • 廊下や踊り場などのスペースや、間仕切りを最大限排除し、
    開放感を重視する間取りが採用されている

建築のプロに依頼すれば、狭小地でも十分に家づくりは可能なのです。むしろデザイン性が高く、インティメイトな雰囲気の素敵な一邸に仕上がることが多いんですよ。以下にその好例を紹介しましょう。

東京のおしゃれな狭小住宅事例

狭小住宅事例1
引用元:株式会社三栄建築設計公式サイト
(http://san-a.com/products/
3rdfloor/formal/index.html)
狭小住宅事例2
引用元:株式会社匠恵塾公式サイト
(http://e-good-style.com/
work/work43.html)
 狭小住宅事例3
引用元:株式会社匠恵塾公式サイト
(http://e-good-style.com/
work/work15.html)
狭小地でもスタイリッシュな外観が実現。壁面には窓も多く、採光に十分配慮していることがわかります。 狭小住宅では、階段を部屋の一部としてデザインする心意気が必須。吹き抜けも取り入れ、開放感を演出します。 壁面にたっぷりの収納を設けたリビング。琉球畳のフロアが、モダンな雰囲気を加味しています。

狭小地にマイホームを建てた人の感想

建築士と話し合いを重ねたことで、狭小地でも満足の家ができました。17坪と明かすと、訪れる友人はみな驚きます。そのぐらい開放感があるんです。狭小住宅を得意としているメーカーさんだったからこその仕上がりだと思います。

奥まった狭小地ですが、3階建てで採光にも十分配慮していただき、夕方まで電気いらずの快適なマイホームができました。ウォークインクローゼットや対面式キッチンなど、憧れの設備もしっかり搭載。注文住宅をあきらめなくて良かったです。

すぐ近所に30~40坪の家が建ち始めましたが、坪価格が同じくらいでした。ウチはその分、内外のデザインにお金をかけられたのだと思います。はっきり言って、ウチのほうが全然カッコいいです(笑)。

狭小住宅のメリット

さらに狭小住宅には、以下のメリットがあります。

  • 坪数が少ない分、間取りや設備のためにお金がかけられる
  • 申請や登記費用、さらに入居後の税金を安く抑えられる

いかがですか?土地がないからとあきらめず、ぜひ素敵なマイホームを実現してください。

なお、より良いマイホームづくりを実現するには、ローコスト狭小住宅に高い専門性と実績を持つ住宅会社を選ぶことが大切ですよ!

狭小住宅には様々な魅力がある

狭くても快適に過ごせる設計

狭小住宅には、狭くても快適な生活ができるように様々な工夫が凝らされています。狭小住宅の設計の仕方には、以下のような特徴があります。

①スキップフロアの導入

スキップフロアとは、フロアの高さを一部ずらして段差を付けた設計のことです。別名小上がりとも呼ばれており、様々なメリットがあります。一つ目は、家が広く感じられるということです。フロアの高さをずらすことによって床面積が実際よりも大きく見えるため、家の中も広く感じるのです。二つ目は、狭い敷地内に建つ建物に適した施工法だということです。狭小住宅などの狭い敷地内に建つ住宅だと、周辺の建物が邪魔して日当たりが悪くなってしまうことがあります。そのような場合でも、段差を付けて日が入るようにしてくれるのです。そのほかにも、狭い空間を活用して収納スペースを作ることができたり、家の中での行動が短縮化されたりなど様々なメリットが発生します。

②ロフトや吹き抜けの設置

狭小住宅でもロフトを設置することができます。1.4m以下の高さで、その階の2分の1以下の床面積であれば、ロフトを設置することは十分可能なのです。ロフトを設置することで収納スペースなどに活用でき、その分部屋を広く使うことができるようになります。そのほか、天井に吹き抜けを設置すると、日当たりの悪い家でも心地よい日光の光を浴びることができます。狭小住宅は、周りに建物が密集していることが多く、日当たりが悪くなってしまうケースが多いです。吹き抜けを設置することで、そのような問題を解消することができるほか、家が広く感じられることでしょう。

③バルコニーの設置

狭小住宅にルーフバルコニーを設置することで、リラックスした空間を作ることができます。縦方向の構造を活かして設計するので、都会の景色をあらゆる角度から眺めることができるでしょう。また、ナチュラルテイストにしたりモダンな雰囲気にしたりと、デザインもいろいろな仕上がりにすることが可能なので、自分だけのオシャレなプライベート空間を確保することができます。狭小住宅は狭い敷地内に建設されるため、日当たりが悪くなることが多いですが、ルーフバルコニーを設置することで日当たりを良くすることも可能になります。

狭小住宅で気をつけるポイント

①隣の家と距離が近い

狭小住宅は、建物が密集している場所に家を建てるため、必然的にお隣の家と距離が近くなってしまいます。そのため、騒音被害に発展しないように防音対策をしておかなければならないのです。自分の家から発生する音を外に漏れないようにすること、相手の家から漏れてくる音を遮断することを心がけましょう。騒音はひどくなると、近隣の家と深い溝を作ってしまうほど大きなトラブルに繋がる可能性が高いです。防音対策は住み始めてから行なうことは難しいので、建設の段階できちんと対策をしておくことが大事です。

②室外機の故障などのトラブルが起こる可能性がある

建物を建設するときは、敷地境界線から外壁まで50センチ以上の距離を開けなければならないという規定があります。建物間に一定の距離が開いていなければ、火事が起こった際に隣に燃え広がる危険性があったり、エアコンの室外機が故障したりなどといった問題を起こしかねません。また、室外機と隣家の壁が近かったら、音がうるさくてご近所トラブルに繋がる可能性もあります。そのほか、外壁の劣化などでメンテナンスが必要になった場合、作業スペースが確保できなくなるなど様々な問題が発生してしまうのです。

③引っ越しの費用が必要以上にかかる

狭小住宅は、狭い土地に建っているため、引っ越しの大型トラックを停めるスペースがありません。そのため、一辺に荷物を運ぶことができず、引っ越しの作業に時間がかかってしまいます。小型のトラックで複数回に分けて運ぶか、人の力を借りて運ぶかのどちらかになりますので、作業がとても大変になるでしょう。また、地下室を作る場合は、土を掘るためにコンクリート圧送ポンプ車やクレーン車などの大型重機を使用しなければなりませんので、普通よりも人件費や車両費の負担が大きくなってしまいます。

狭小住宅を建てる際には、このような注意点があります。注意点をしっかり踏まえた上でハウスメーカーに依頼するようにしましょう。

狭小住宅を建てる上で知っておきたい法律のこと

土地には全て「建築基準法」という法律が定められています。狭小住宅は狭い土地に建てる住宅なので、法律の規制内容もいろいろと変わってきます。そのため、狭小住宅を建てる際は、きちんと法律ことも把握しておかなければなりません。以下が建築基準法の主な内容です。

用途地域

土地には、全て用途地域というものが指定されています。用途地域には、「住宅系」「商業系」「工業系」の三種類があり、その中でも住宅に関連する用途地域は7つの種類に分けられます。用途地域は一般住宅と店舗、工場などの区別をきちんとつけるために定められたもので、それぞれに建ぺい率や容積率などの細かい面積が決められています。

建ぺい率と容積率

建ぺい率とは、土地全体の面積と住宅を建築する面積の比率のことです。建ぺい率が高いと家同士が密集してしまうため日当たりが悪くなりますが、広い住宅で暮らすことができます。一方で、建ぺい率が低いと建物自体は狭くなってしまいますが、家同士の間隔がきちんと開いているためゆとりを持って生活することができます。また、建ぺい率の高さによって容積率も変わってきます。容積率とは、土地面積に対する住宅床面積の比率のことです。建ぺい率が高いところだと床面積も広くなり、2階・3階建ての住宅を建てることが可能になります。一方で建ぺい率が低いところは2階・3階建てにすることは難しくなりますが、建物が低いため日当たりは良くなるでしょう。

その他の制限

住宅を建てる際は、「斜線の制限」という規制もあります。斜線の制限とは、土地ごとに定められている建物の高さを制限したものです。高い建物が周りに建っていると、日当たりが悪くなるなどの悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。そのような問題を回避するため、建物の高さ制限や道路斜線制限、隣接斜線制限、北側斜線制限、日影規制などといった規制が必要になるのです。斜線の制限は、道路の幅や住宅と道路の距離によって規制内容が変わってきますので、住宅を建設する際はきちんと専門家に相談するようにしましょう。

狭小住宅を得意とするハウスメーカー選びが大切

狭小住宅を建てる上で最も大事なのは、ハウスメーカー選びです。狭小住宅の建設は建築設計事務所に依頼するのが一般的ですが、最近では大手のハウスメーカーも行なってくれるようになっています。主に旭化成ホームズやトヨタホーム、積水ハウス、タマホームなどといったハウスメーカーが有名です。それぞれのハウスメーカーの実績や施工の特徴、アフターサービスなどを比較して理想の住宅を設計してくれる会社を選びましょう。信頼できるハウスメーカーを選ぶためのポイントは、快適な住まいを造るための提案力が備わっているか、施工の技術が高いかどうかなどといった点を重視するといいです。