東京で憧れのマイホーム!ローコストで素敵なデザイン住宅ガイド

高品質なローコスト住宅を東京に建てたい人必見の情報をまとめました。

間取りシミュレーション

ローコスト住宅の間取りシミュレーションに役立つポイントを、まとめているページです。

注目!ローコスト住宅の間取りシミュレーションに役立つポイント

ローコスト住宅とはその名の通り、建築コストを極力抑えて完成する住宅を指します。

建築コストの中で最も気になるのは、建材や、それを組み立てる/加工するために必要な工数です。これらをできる限りシンプルにしていくことで、ローコスト住宅が実現しやすくなります。そのため「間取り」について熟考することが、必要となってきます。

【間取りとは】

土地の面積に合わせ、大きな四角形を描きます

その中に区切り線を引いていくことで、家屋内に部屋が誕生します

これが「間取り」です

区切り線は建築の段階で「壁」として機能するようになります

間取りには、シンプルで施工しやすいスタンダードな「型」があります。ローコストな規格住宅は、ほとんどこの型を踏襲し、建築コストを抑制しています。

我が家イメージしかしあまりに型通りでは、施主のライフスタイルに合わない部分も出てきますし、他の家と全く変わらなくなってきます。相談の段階で、マイホームに少しでも希望やこだわりを反映したくなるのは、人情ですよね。

そこで以下に、「希望を取り入れながらも、必要以上にコストを引き上げない間取り作り」のコツを考えていきます。

  • 外形はなるべくシンプルに
    特に正方形やL字型なら、余分の建材使用を抑制できる
    1・2階が同じ面積の「総2階建て」なら、最も安く仕上がる
  • 壁は必要以上に厚くしない
    壁の建材は厚みが1mm増すごとにコストアップするので注意
    一部の部屋は家具などで間仕切りを代用すると、建材そのものをカットできる
  • 吹き抜け設置も効率よく
    狭小住宅などの場合、吹き抜けは視覚的に大きな効果を発揮するが、
    広くなりすぎると微調整が必要となり、工数もアップする、
    また空調の効率がダウンして、入居後の光熱費を引き上げる可能性もあるので、
    最大でも6平方メートルに抑える
  • 不要なら和室は作らない
    洋室床の建材は安く、加工しやすいため工数の削減に役立つ
    造作材の異なる和室の設置はそれだけでコストを食うが、
    どうしてもという場合はスタンダードで工数を増やさない6畳に
  • 壁の位置を揃える
    住宅を断面で考えたときに、1階と2階が綺麗に揃っている壁にすることでも、
    ローコスト住宅を建てることができる壁の位置を揃えることで、家の丈夫さも増し、
    構造的にもコストパフォーマンスの良い家に仕上がる
  • 収納スペースに便利なロフト
    収納スペースを作ろうとするとき、住宅を大きく作ろうと考えるが、
    床面積を広くするとコストがかかってしまうので注意
    収納スペースを確保する方法の一つとして、高さを利用してロフトを作ると良い
    ロフトを作る方が、トータル的にコストダウンに繋がる
  • 住宅設備を考える
    住宅設備とは、コンセントや窓などの設備のこと
    設備をたくさん作ると、その分工事費用もかかる
    あちらこちらに、設備を設置するより1ヶ所にまとめると費用が抑えられる
  • 無駄に部屋を仕切らない
    仕切りの多い部屋は、壁やドアの設置費用がかかってしまう
    無駄な仕切りを省き、居心地の良い広い空間を作ると家族が集まりやすくなり、
    電気代を抑えることができる
    仕切りが少ないことで、移動が楽になり、家事などもしやすくなる
  • 部屋の数は最小限に
    プライベートな空間を欲しいと思う人も多いと思うが、部屋の数が多ければ多いほど、
    設備を設置してする必要があるので、コストアップとなる
    ローコスト住宅にするためには、不必要に間取りを増やさないことも必要
  • 水回りの設置場所を考える
    水回りを設置する場合、キッチン、トイレ、洗面所などをバラバラに配置すると
    配管の設置にコストがかかる
    配水管がすっきりまとまるように、水回りを設計
    そうすることで費用を抑えることができ、メンテナンスや不備が見つかったときに
    工事がしやすい家になる

いかがでしょうか?住宅会社のスタッフや建築士と打ち合わせの際に、上記の点が頭に入っていれば、話も進めやすくなります。

また設備の持ち込みや、DIYなどを併用することで、さらにローコストな住宅づくりが実現できる場合もあります。住宅会社に任せ切りにするだけでなく「自分でもできること」について、学び動く姿勢を大切にしてください。